社会法人東成瀬村社会福祉協議会

ふれあい・いきがい・おもいやり 安心して暮らし続けられる仙人の郷づくり

ホーム
社協のご案内
事業のご案内
行事のご案内
福祉だより
ご相談窓口
年度報告書
お問い合わせ
平日午前9時から午後5時まで
土曜、日曜、祝日、年末年始除く
〒019-0801
秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字仙人下30-1
℡ : 0182-47-2700
メール E-Mail
sw.higashinaruse.akt@viola.ocn.
ne.jp
社協のご案内

 少子・高齢化の進行や働き方などの生活様式の変化に伴って、地域社会や家庭の様相は大きく変容し、さらに経済情勢や雇用環境の厳しさの長期化も相まって、孤立死や自殺、ひきこもりなどの社会的孤立の問題、経済的困窮や低所得の問題など、地域における生活課題は深刻化しています。
 こうした今日的な地域福祉の課題を受け止め、解決し、一人ひとりがその人らしく地域でいきいきと暮らせる安心・安全な村づくりを進めるため、東成瀬村社会福祉協議会では、総合相談による問題解決と福祉サービス利用支援、地区福祉推進協議会や行政との協同による福祉・介護予防の推進、在宅福祉サービスの充実、高齢者・障がい者の生きがい活動、福祉関係団体の連絡調整・活動支援事業を実施しております。
 又、住民主体、住民参画を基本に、互いに支え合い、一人ひとりがその人らしく住み慣れた地域で安全に安心していきいきと暮らせる村づくりを目指し、時代に即した事業展開のための活動指針として5か年(平成25年から29年)を目標に「第4次地域福祉活動計画」を策定し、平成25年度より計画の実践を進めております。



 「第4次地域福祉活動計画」の基本理念

 住民主体・住民参画の理念のもと、お互いに支え合い、一人ひとりがその人らしく地域で安全に安心していきいきと暮らせる村づくりをめざします。

 地域福祉活動計画の基本目標

基本目標 一人ひとりがその人らしく地域でいきいきと暮らせる安心・安全な村づくり

基本目標
取り組み方向と重要事業
1.地域のみんなで支えあい、ふれあう福祉活動を進めます
① 支え合いをつなぐ地域をつくります
 ・地区福祉推進協議会の活性化と活動支援
 ・要援護者を見守るネットワーク活動
 ・地域福祉トータルケアサポート運営委員会
 ・災害支援体制の構築
 ・住民参加型生活支援サービス事業(なるせゆいっこ事業)
 ・暮らしの安心サポート推進事業



② 気軽に参加・ふれあう地域をつくります
 ・ふれあい・いきいきサロン事業
 ・世代間交流「ふれあい喫茶」事業の支援
 ・ボランティアセンター機能の充実
 ・ボランティア活動グループの支援
 ・障がい者ふれあいのつどい
 ・たすけあいチャリティーショーの開催

③ 福祉の関心を高め、みんなで広めます
 ・社会福祉大会
 ・広報活動の強化と充実
 ・福祉教育の推進(児童・生徒、一般住民)
 ・ジュニアボランティア事業
 ・小中学校訪問事業
2.共に生きる安心・安全な地域をつくります ① 一人ひとりに対する生活を支えるしくみの充実に
  努めます

 ・総合相談事業
 ・地域住民福祉座談会
 ・生活福祉資金の貸付相談・指導
 ・たすけあい資金貸付事業(生活困窮者の自立支援)
 ・雪下ろし、除雪サービス事業
 ・介護保険受託事業
 ・生活支援ヘルパー事業
 ・あったか訪問サービス事業(住民参加型ヘルプサービス)
 ・高齢者生活相談・支援員訪問事業
 ・外出支援サービス事業
 ・配食サービス事業
 ・日常生活用具(品)の給付サービス事業
 ・緊急通報システム「ふれあい・安心電話」事業
 ・日常生活自立支援事業
 ・法外援護事業(災害、緊急時等)
 ・要支援者マップの管理・活用と防災意識啓発の推進

② 仲間を増やしみんなで生きがいを高めます
 ・当事者の会活動支援(4団体)
 ・老人クラブ活動の活性化支援
 ・シルバーバンクの支援
 ・知的障がい者保護者のつどい
 ・ひとり親家庭のつどい
3.組織・財政基盤の整備を図ります

① 組織の強化と財政基盤の整備により、会の運営強化と
  社会福祉事業の推進を図ります

 ・理事会・評議会
 ・社協強化対策委員会、財政対策委員会
 ・社協福祉部会
 ・役員・職員の研修
 ・苦情対応第三者委員会
 ・共同募金会事業への協力


社協の沿革

平成23年12月 編纂   

年月(西暦) 東成瀬村社会福祉協議会の活動 社会の動き(福祉関係)
平成13年
(2001年)
 ・第29回東成瀬村社会福祉大会(講演 中通病院 佐藤正光氏)
 ・第20回たすけあいチャリティショー(360人)
 ・下田地区福祉推進協議会設立(1月)
 ・田子内地区福祉推進協議会設立(11月)
 ・滝ノ沢地区福祉推進協議会設立(11月)
平成14年
(2002年)
 ・第30回東成瀬村社会福祉大会(講演 音楽療法士 高本恭子氏)
 ・第2次東成瀬村地域福祉活動計画策定(H15~H19)
平成15年
(2003年)
 ・第31回東成瀬村社会福祉大会(講演 作家 岡本信子氏)
 ・全村むり・むだなくそう運動開始(冠婚葬祭等の簡素化推進)
平成16年
(2004年)
 ・第32回東成瀬村社会福祉大会(講演 宗泉寺住職 長谷川恵光氏)
 ・宮城県涌谷町社協交流研修(11/16)
平成17年
(2005年)
 ・第33回東成瀬村社会福祉大会(講演 県レク協理事長 佐藤 夙氏)
 ・秋田市上北手地区社協交流研修(6/25)
 ・湯沢市皆瀬地区社協交流研修(8/10)
 ・秋田市外旭川地区社協交流研修(12/9)
平成18年
(2006年)
 ・第34回東成瀬村社会福祉大会(講演 LLアドバイザー伊藤八重子氏)
 ・第25回たすけあいチャリティショー(350人)
 ・由利本荘市由利支所社協交流研修(7/31)
 ・宮城県登米市石越支所社協交流研修(8/25)
 ・美郷町「福祉トータルケア、住民拠点施設づくり」研修(9/5)
平成19年
(2007年)
 ・第35回東成瀬村社会福祉大会(講演 前県社協常務 吉田慶嗣氏)
 ・障害者ふれあいサロン事業開始
 ・福祉のむらづくりアンケート調査(200世帯対象)
 ・羽後町社協西馬音内支会研修交流会(7/26)
 ・羽後町福祉有償サービス事業視察研修(9/6)
 ・全地区要支援者マップ作成
平成20年
(2008年)
 ・第36回東成瀬村社会福祉大会(講演 戯遊詩画人 泉 椿 魚 氏)
 ・第3次東成瀬村地域福祉活動計画策定(H20~H24)
 ・美郷町住民拠点施設「よってて」「まめだ屋」視察研修(9/18)
 ・岩手・宮城内陸地震発生(H21.6.14)
平成21年
(2009年)
 ・第37回東成瀬村社会福祉大会(講演 山形市 井上 太 氏)
 ・高齢者生活相談・支援員訪問事業開始(7/1)
 ・小坂町社会福祉協議会交流研修(3/5)
 ・美郷町社協トータルケアみのり委員会交流研修(8/7)
 ・湯沢市子育て支援拠点施設視察研修(9/17)
 ・ボランテイア「やまぼうし」発足(4/20)
 ・手をつなぐ親の会連絡会発足(改変)
平成22年
(2010年)
 ・第38回東成瀬村社会福祉大会(寸劇  認知症の理解 )
 ・秋田市仁井田地区社協交流研修(7/13)
 ・北秋田市社会福祉協議会交流研修(8/31)
 ・雄勝地区社協生活支援サービス・冬季生活ハウス視察研修(10/29)
 ・ボランテイア「ふきのとう」発足(4/17)
平成23年
(2011年)
 ・第39回東成瀬村社会福祉大会(人権擁護関係 橋田幸子氏)
 ・第30回たすけあいチャリティショー(250人)
 ・訪問介護・入浴介護・居宅介護支援3事業廃止(6/30)
 ・小坂町社協・わいわいエリア視察研修(9/20)
 ・五城目町社協トータルケア委員会交流研修(12/5)
 ・東日本大地震発生(H23.3.11)
 ・生活支援サービス「ゆいっこの会」発足(3/25)
 ・社会福祉協議会事務所開発センターに
   移転(9/1)
 ・ケアセンター仙人の杜開設(7/1)
 ・訪問介護・入浴介護仙人の杜開設(7/1)
平成24年
(2012年)
 ・第40回東成瀬村社会福祉大会
(講演:福嶋内科医院 院長 福嶋隆三氏)
 ・第31回たすけあいチャリティショー
 ・福祉基金運用検討委員会設置
 
平成25年
(2013年)
 ・第41回東成瀬村社会福祉大会
(講演&ライブ:歌手・ラジオパーソナリティ藤田ゆうみん氏)
 ・第32回たすけあいチャリティショー
 ・第4次地域福祉活動計画策定(H25~H29)
(活動計画策定委員会の設置)
 ・福祉の村づくりアンケート調査(200世帯対象)
 ・ふれあい安心電話新機種へ更新(30台)
 ・民生児童委員一斉改選
 ・四八豪雪に匹敵する豪雪に見舞われる

 交通のご案内

東北地図
交通マップ
東成瀬村地図

バス ※湯沢発 岩井川線 東成瀬村役場前下車
●問 羽後交通(電話0182-32-2265)
■十文字案内所発着の秋田、仙台、東京間の高速バスもご利用いただけます。
JR ※秋田新幹線(こまち)大曲駅(乗換え)→奥羽本線→十文字駅下車
※山形新幹線(つばさ)新庄駅(乗換え)→奥羽本線→十文字駅下車
※東北新幹線(やまびこ)水沢江刺駅下車→R397(車)
●問 十文字駅(電話0182-42-0005)

〒019-0801
秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字仙人下30-1
℡ : 0182-47-2700
メールE-Mail sw.higashinaruse.akt@viola.ocn.ne.jp



ページトップへ



Copyright(C) 2003 Higashinaruse Village Council of Social Welfare. All rights reserved.